-

一般的に任意保険という保険は強制保険になっている自賠責保険とは別に自賠責保険の範囲内で補えない補償を考慮している必要性の高い保険といえます。これは任意の保険の考え方は自賠責保険の上級保険ということで役に立つものですので、自賠責保険でまかなえる支払い限度額を上回った際に機能します。また自賠責保険には物に対する損害に関しては補償対象にならないので、物的損害をカバーするためには入るのがいいと思います。もう任意保険を払っているマイカーを処分する時は日本の車や外車ということは関係なく、残っているお金が還付されます。これは国産自動車の売却の際も同じです。自賠責保険、通常放っておくのが常識ですが任意保険というのは誰でもかける保険ではありませんから、キャンセルになります。さらに、任意保険を中途解約をすればすでに 納付済みの残金が戻ってくるということになります。クルマの売買が決まったとしても即任意保険の契約を解約するという選択肢はリスキーです。勿論早く契約解除してしまえばそれだけ返ってくる額は増加しますが、もしも車買取のお店が遠くにあるため自ら持っていくということになった場合には、任意保険に加入していない状態で車の運転をしなければなりません。緊急事態を想定して絶対にこの先運転をすることはないという状況にするまでは保険の解約手続きはしないようにしなければなりません。所有車を処分し、すぐに新しい車を買うケースでしたら問題ないですがもしもしばらく車に乗らない状況が続き保険に加入している必要がなくなってしまったら任意保険に加入していない時間が存在する場合以前に入っていた時の保険の等級が下がるため、任意保険の保険料が増額されます。このようなケースは「中断証明書」を発行してもらうようにしましょう。この「中断証明書」で一定期間、中断前の保険の等級を継続することができるのです。これは、13ヶ月以内であれば発行依頼をすることができますから今現在で自動車を売却していて「中断証明書」というものを発行してもらっていない状況でしたら保険会社やその代理店にその旨を伝えてください。もし新しく車を買って、買ったのちに前に乗っていた愛車を引き取りに出すのであれば、任意保険の加入は片方のみになります。任意保険の契約し直しという処理になりますから、運転しなければならない所有車ならば引き取りまでには注意が必要です。そして、任意保険というのは自動車車両次第で価格が多少違ってきますから、売却の時は任意保険の内容をチェックしてみる良いタイミングにもなります。