-

売却をする上で最近注目されているのがオンラインオークション経由での販売なのですネットオークションの利点はいくつかありますが、例えば、車の買取業者や下取りを依頼するよりも高い査定額で売ることができるということでしょう。乗っている車の市価を把握し、あと一息と感じたのであればオークションに出すことによってそれより満足のいく額で売買するということができる可能性があります。しかし少しばかり手間がかかるのが負担になるかもしれません。個人のオークション出品をするのであれば、一般的なオークションサイトを利用せず中古車専門サイトや専門店が集まっているホームページで競売に出すことをお勧めします。このようなページを選べば多くの定型書式が用意されているので必要事項を埋めていくことによって出品することが可能です。ネットオークションに出品する車は写真がもつ印象は大切です。写真の映りで判断をするといいます。手放す車の画像は全ての面の外見はもちろん、カーテレビ、水温計などのインテリアも詳細に撮りましょう。それから車の納品後のトラブルを可能な限り防止する目的で傷、気になる点などがあったら該当する箇所を詳細に画像を見て見てわかるようにすることが大切です。これは中古車を処分するケースについても例外ではありません。さらに、記載するとよい点としてカーテレビやエアクリーナー、ドライブシャフトやネオン管、外装パーツ、ウィングといった改造用部品が付いている車両でしたら詳しく記載したうえでそれぞれの画像を用意をしておくと良いですね。先述した電装系パーツや車高調整キット、スピードメーター、ブレーキパッドやフロントパイプ、テールランプ、サイドスポイラーなどのドレスアップパーツは凝っている人には、ご存知のように食い付くものです。オークションで後々のトラブルを事前に防止する方法のひとつとして板金履歴やバッテリーあがりなどがあれば、詳細に画像に載せるようにようにしなければいけません。自分でオークションを利用するという行為が想像以上に難しい場合は、競売代行業者に依頼するという方法も考えられます。この場合は普通のオークションサイトとは異なり、自らの売却する自動車を専門業者が集うオンラインオークションに載せて売却していただく形になります。売却する車の買取相場が一般的な売値相場とは違って、業者間の取引相場なので、一般的な競売に比べ、多少高い金額になる場合がほとんどです。オンラインオークション代行業者のマージンを抜いた後で手放す自動車の買い取り金額が支払われるためオンラインオークション代行専門業者の販売力や仲介料によっては通常のオークションと比較して結果的に少し売却額が安くなる場合もあるのです。競売ではかなりオークションサイト代行業者の実績に振りまわされることも大きいので、信頼のおけるところにお願いするのが大切です。オークションサイトのトラブルは委託関係になるため低いです。どちらのオークションでも同じですが、自らの所有車にとって不利益になること、瑕疵など情報公開しないでいると、返金になったり場合によっては訴訟になる可能性もあるといえます。自分の手放す自動車の情報はきちんと隠さないようにする必要があります。