-

愛車の見積査定ポイントとして重要性の高いもののひとつに走行距離があります。走行距離というのは、マイカーの耐用年数とみなされるケースもありますので実際の走行距離が長い分だけ売却額査定にとっては欠点になるでしょう。普通は走行距離は少ない方が見積額は高くなりますが、ほとんど細かい線引きは存在しなく、一定の線を引いて査定額が決まります。このような事は実際中古車を車買い取り専門業者に売買をする際も重要視される売却額査定の小さくない注意点のひとつです。例えば、普通車だと年間走行距離1万kmを目安としてこの線以上だとたいていマイナス査定となります。軽自動車だと年間走行距離が8千kmがまた年数の割には走っている距離がかなり少ない場合でも売却額が高値になるとは限りません。本当にやってみるとたいへんよく分かりますが車はある程度動かすことで車両の状態を保ちますから、走行距離が短い自動車の場合故障しやすいとも考えられることもあると思います。こういったことは中古車を売る際も例外ではありません。年式や走行距離に関しての査定のポイントは保有年数と比べて適切な走行距離になっているかということです。次に自動車の年式なども、中古車の査定の大切なポイントです。きっちりと理解しているというようなかたもたくさんいると思いますが、一般的には年式については新しいほど査定には高評価が出やすいのですが、例外的にそのシリーズに希少価値がある車種は新しくない年式の車でもプラスに査定してもらえるケースがあります。同一の車種で同様の年式の場合でもその年にモデルチェンジや仕様変更などがなされている車は当然、それぞれの場合によって買取額は異なります。同様の自動車を査定するというような場合でも色々な要素が重なって売却時の金額は大きく変わってくるものです。