-

特定調停というのも任意による整理と同じく、各貸し手に返済を継続することを選択した借金を整理していく手順になります。仕事 辞めたい アフィリエイト

他の表現でいうなら裁判所が処理する負債整理といえるでしょう。

この特定調停という方法も任意整理による解決と同じく、破産手続きとは異なり一部のお金だけを整理していくことになりますので連帯保証人が付いている負債額を除いて検討していく際やクルマのローン以外で整理をしていく場合等でも使うことが可能ですし全ての財産を手放すことは求められませんので株式や有価証券自分名義の資産を所有しているものの、放棄したくない場合においても有力な選択肢になる借金整理の手順となっています。

いっぽうで、今後の返済金額と実現可能な収入額を検討して、常識的に見て返済の目処が立てられる場合においては特定調停の手続きを進めることは問題ありませんが、破産申告のように返済義務が消滅してしまうのではありませんので、借金の額がかなりになる場合などは、実際にこの手続きを踏むのは難しいということになるでしょう。

さらに、この解決策の場合は国の機関が間に入るため弁護士などのプロにゆだねなくても不利な立場に立たされるようなことはないということや、手続きのためのお金を減らせるというポイントは注目できますが債権者それぞれのきびしい催促に説明しなくてはいけない点や、文字通り裁判所にことあるたびに行くことになるなどといった注意が必要な点もあります。

さらに、任意による整理との比較になりますが、この方法により解決できない際には金利をそのままの計算で渡していくことになるといった点やあとから見れば債権者に返済していくお金が任意整理による処理に対して割高になる傾向にあるという注意が必要な点もあります。